初めてのFXー手引きと注意点

FXはこうやって始めよう

>

そもそもFXってなに?株とどう違うの?

円高円安ってどういう意味?

よくニュース番組などで耳にする円高円安という言葉ですが、最初に陥りがちなのがこの言葉を反対の意味で捉えてしまいがちということです。
まず円高とは外貨に対して円の価値が高いということを意味します。
円安とはその逆で外貨に対して円の価値が低いということ。
つまり1ユーロが130円だったものに対し1ユーロが120円となれば円高、1ユーロが140円となれば円安です。
これまで130円だったものを120円で買えるのだから、円の価値が高くなっていますよね。
価格が下がるのに円高と呼ぶので混乱してしまいがちですが、外貨に対しての円の価値という視点で考えればわかりやすくなるでしょう。

よく海外旅行に行く方は「今円高だからラッキー」なんて言ったりしますよね。
円の価値がその国の通貨より高ければ同じ商品が安く買えるということなので、円高の時は円安の時と比べて海外旅行に出かける方が増えるというわけなのです。

レバレッジとは?スワップポイントとは?

レバレッジとは、少ない金額を元に大きな金額を動かす仕組みです。
住宅や車の購入などでも頭金を入れることにより高額な商品を購入することができますよね?
元手10万円に対して40万円分の取引をするのであればそのレバレッッジは4倍ということになります。
FXではこのレバレッジを最大25倍までかけることができますが、倍率に比例してリスクも高くなりますので初心者のうちは低めの2〜3倍で様子を見ましょう。

スワップポイントとは、異なる2種類の通貨の間に生まれる金利差のことです。
通貨には各国が定めた金利があり、日本円のような低金利(0.1%)の通貨と南アフリカランド(6.5%)のような高金利の通貨を取引した場合ここに6.4%もの金利差が発生します。
スワップポイントはパッと見小さな金額ですが毎日受け取れますので、このポジションを半年、1年と保持すればその分金額も大きくなっていきます。