初めてのFXー手引きと注意点

FXはこうやって始めよう

>

取引の始め方とデモトレード

FX会社の選び方って?

数あるFX会社の中からどのように自分に合った会社を選べば良いのでしょうか?

まず注目するのはスプレッドという売買手数料についてです。
これは取引の回数に比例して高額になっていくので、まずはこのスプレッドが安い会社(米ドル0.5銭以内)を選びましょう。
また変動スプレッドよりも原則固定スプレッドの方が初心者には安心です。

大切なお金、それも大きな金額を預けることから、FX会社への信頼度も重要です。
信託保全と言って、顧客の資金を別の金融機関へ信託することによりFX会社が破綻しても顧客へ返金される仕組みがあります。
この信託先が大手金融機関であることを確認しましょう。
またFX会社が開示している自己資本規制比率の数値が200%以上であれば経営が安定しているという目安になります。

会社が決まれば後は各社の手順に従い口座を開設しましょう。
申し込みに5〜10分、早いところでは2〜3日で口座開設が完了します。

デモトレードに挑戦しよう

基本的な取引の流れは、取引したい通貨ペアを選ぶことから始まります。
Bid(売り)、Ask(買い)、スワップポイントなどが表示された一覧から通貨を選び、買いで注文するのか、売りで注文するのかを選びます。
注文の仕方にも成行(その時点でのレートでの注文)や指値(レートを指定し、そのレートになった時点で自動的に注文)、逆指値(現在よりも不利なレートを指定し、そのレートになった時点で自動的に注文)といくつかありますが、初めての場合は損失の少ない成行注文を選択しましょう。
また、注文数やレバレッジも最小の設定で始めましょう。

FXは精神面が影響しやすく、損失を気にする必要のないデモトレードでは成功する確率が高いそうです。
実際の取引で大きな失敗をしないためにもデモトレードを繰り返して自分なりの制御ルールを決めておくことが大切です。